物件探しの時期

不動産屋が一番忙しいのはいつだと思いますか?正解は2月から3月です。この時期は繁忙期で目も回るような忙しさです。なぜ忙しいのかは想像に難くないと思いますが、進学や就職、転勤の時期だからですね。このように、人の流れと物件の流れは同じように動きます。引越し時期がいつでもいい場合は時期ごとの特性を理解して、うまく物件探しを行ってくださいね。

このページでは時期ごとの特徴と対策を紹介していきます。

スポンサーリンク

【2月~3月】

 特徴

冒頭でも説明した通り、繁忙期です。とにかくめまぐるしく物件情報が変わります。物件を探す人が多いと取り合いになっていい物件はなくなっちゃうんじゃないか、と不安に思う方もいますが、この時期は退去が一番多い時期でもあります。そのため、空室情報が多い時期でもあるのです。

退去する1か月前に通知することが通例なので、2月末までに空室予定の情報がどんどん出てきます。企業の転勤がらみだと事例が出てからになるので3月中ごろに急に出ることもあります。

 

 探し方のコツ

・1月の終わりからWebサイトでお気に入りの物件を探し始める!

すでに転居が決まっている人が出てくるのと、4月の移動に合わせて動き始める人が出ます。1月の終わりまでにはどのような物件がいいのか、あたりをつけておきましょう。

 

・物件はなるべく決め打ちに!

申し込みするまで不動産会社は募集を続けています。気に入った物件があってすぐ申し込みができずに悩んでいると、他の人にとられてしまいます。最終判断を下す気持ちで不動産屋へ行くくらいの気持ちでいると失敗が少ないです。

 

・空室予定の物件は事前調査を!

たとえば3月25日退去予定の物件が気に入っていたとしましょう。内見してみたところ、建物の外観や周囲の環境が好きになれないといった場合、もう探している時間があまりありませんし、売れ筋の物件はもう申し込み済みになっています。椅子取りゲームに負けてしまったような感じで呆然と立ち尽くしてしまうでしょう。なので、内見できなくても外観や周囲の状況を確認することは可能なので、できるだけ事前に現地で確認しましょう。

 

・不動産屋への問い合わせは電話で!

この時期はかなり忙しいため、メールだと営業終了後にゆっくり対応しようとする営業担当も多いでしょう。確実に情報を入手するためには電話が一番です。

 

【4月~5月】

特徴

この時期は3月の繁忙期で埋まらなかった物件たちが勢ぞろいで、売れ残りばかりと思われがちですが、中には転勤が3月終わりに突然決まったため、4月まで契約期間が残ってしまっているケースもあります。この場合だと3月終わりに入居したい人たちの目には映っていないため、掘り出し物的な物件に出会えることもあります。

 

交渉チャンス到来!

また、4月に空室だった物件は次の繁忙期まで空室のままになる可能性が高くなります。

1年間空室になるのは大家さんにとっても大変なことです。・・・勘のいい方は気づいたかもしれませんが、つまり、この時期は家賃交渉がしやすい時期でもあるわけです。交渉がしにくいのはちょっと古い物件ですね。新築や築浅は年中人気があるので、たとえ4月で空室でも強みがあるので、強気でいられます。しかし古い物件は繁忙期でも入居者が入らないようだと、この先は望み薄だ・・・となるわけです。だからこそ早めに入ってくれる人がいれば飛びつきたくなるのが人の気持ちです!多少の交渉なら応じやすくなっているでしょう。

 

【6月~8月、11月~1月】

特徴

不動産屋は落ち着いています。物件の変動も大きくありません。この時期に引越しをする人は近距離が多いのも特徴的です。じっくりと時間をかけて、納得のいく物件を探せます。特に8月はお盆の時期ということもあり、引越しを控える人が多いため、空室情報の追加も少ないです。正直、不動産屋は一番暇な時期です。細かい話をしても聞いてくれる余裕が営業担当にもありますので、楽しみながら物件探しができるかもしれませんね。

年末年始は特別な事情がない限り、転居がほとんどありません。不動産屋としても入居者の人物像や転居理由などに敏感になっている時期です。細かい部分を尋ねられても、そういう時期だからと気にしないで方がいいでしょう。

 

交渉チャンス!?

6月~8月は交渉しやすい時期になります。しかし、1月ごろになると繁忙期が近くなるので、時間がたつほど交渉の成功率が下がってきます。早めに転居できるのであれば、少し時期を早めて転居するのもいいでしょう。

【9月~10月】

 特徴

企業では上期と下期の境になるので、2月~3月ほどではないですが転勤する人が増えます。ある程度時期が自由になるのであれば、8月中に物件を探しておくか、9月の中ごろから空室予定物件を狙うのもいいでしょう。

 

交渉のチャンスは物件次第!

4月から空室になっているような物件であれば、交渉はしやすいといえるでしょう。しかし、空室になったばかりだと成功率は少し下がります。空室期間を確認して、交渉しやすいかどうかを探ってみるといいかもしれませんね。

 

 まとめ

時期ごとの特徴はつかめたでしょうか?人の流れが大きい時期ほど、チャンスをつかむために迅速な決断が必要になります。そして交渉は難しくなります。逆に人の流れが穏やかな時はじっくり探して、しっかり交渉するといった腰を据えて行う方がいいでしょう。物件も巡り合いなので、いい物件とご縁があることをお祈りしています。

繁忙期にいい物件を勝ち取りたい、物件をみたいのに遠方から引越しするため時間が取れないといった方には物件探しのサービスも行っていますので、そちらもぜひ利用してください。いい住まいはいい生活の第一歩です!

 

前提知識がわかったところで、物件の探し方へいってみましょう!

 

スポンサーリンク

ad

ad

関連記事

woman1

賃貸物件の契約締結

申し込みや審査などスムーズに進んだら契約です。契約には概ね1時間ほど掛かりますので、遠方から引越しを

記事を読む

167

不動産業者が水曜定休日の理由

多くの方がカレンダー通りの休みですが、中には平日がお休みの方もいらっしゃいます。平日休みの方の中でも

記事を読む

lgi01a201311280900

家賃はどうやって決まるのか

みなさんは家賃がどうやって決まるかご存じでしょうか?家賃相場に合わせていると考えている方はおおむね正

記事を読む

0328100006

物件探しから入居までのまとめ

物件探しから入居までの流れはなんとなくイメージがついたでしょうか?先のイメージがあるかないで、実際に

記事を読む

verkaufstraining-erfolgreich-verkaufen

おすすめ!賃貸条件の交渉テクニック・やり方

住みたい物件が見つかったということで、ここまでくればあと一息です! ここから先は交渉や初期費用

記事を読む

lgi01a201312220400

都市ガスとプロパンガスの物件がある理由

都市ガスとプロパンガスの違いとは? 物件によって「都市ガス」「プロパンガス」の違いがありますが、そ

記事を読む

exit

退去について

進学、就職、転職、結婚、購入など様々な事情があり、契約しているアパートから転居することになった時のこ

記事を読む

battle

入居中のトラブル ~近隣トラブル編~

賃貸物件の中で戸建てでない限り、隣に人が住んでいないという方は少数です。同じ建物の中に他の人が住んで

記事を読む

look

物件資料の見方

Webサイトや不動産屋で見られる物件資料の見方について説明します。なんとなくの意味はわかると思います

記事を読む

jungle

物件の探し方

あなたはこれから物件を探そうと思っていますね?お見通しです! というつまらない冗談はさておき、

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

lgi01a201312220400
都市ガスとプロパンガスの物件がある理由

都市ガスとプロパンガスの違いとは? 物件によって「都市ガス」「プロパ

CVcx1-1
営業マン時代で大変だったこと

クレーム対応 一番大変だったのはクレーム対応ですね。これは入

msnote01
建物のより詳しい情報が欲しい!!マンションの口コミ情報!

住む前にその地域の情報や住みやすさなど知りたいことはたくさんありますが

lgi01a201311280900
家賃はどうやって決まるのか

みなさんは家賃がどうやって決まるかご存じでしょうか?家賃相場に合わせて

賃貸アドバイザー
賃貸アドバイザー ~お助けマンの素顔~

当サイトをご利用の方に「どんな人なのかわからなくて、ちょっとドキドキし

→もっと見る

PAGE TOP ↑